健康情報 > 生活療法講座 > 子宮頸管炎,子宮内膜炎,卵管炎・骨盤腹膜炎(細菌感染による炎症)

健康情報.jpトップページへ ホームへ


貴女は自分のからだを知っていますか?

子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎・骨盤腹膜炎(細菌感染による炎症)

子宮や周辺に何らかの原因で病原菌に感染して炎症を起こります。病原菌はブドウ球菌や大腸菌、クラミジア、淋菌、結核菌などがあります。最近はクラミジアが増えています。


■ 子宮頸管炎

タンポンの入れ忘れや、分娩や妊娠中絶時にできた傷など原因はいろいろありますが、膣炎が起こり、菌が子宮頸管までのぼってきて炎症を起こすことが多くみられます。抗生物質、抗菌剤の使用や洗浄消毒などで治療します。慢性化することもあり、又妊娠しにくくなることもあります。

■ 子宮内膜炎

やはり多いのが子宮頸管炎から子宮内部にまで波及し、内膜に炎症を起こす場合です。不正出血が特徴です。下腹部の痛みや腰痛などもみられます。さらに進行して卵管などまでいかないよう、完治させる必要があります。治療は安静と抗生物質の投与などです。時には入院することもあります。

■ 卵管炎・骨盤腹膜炎

多くの場合、膣炎から始まって子宮頸管炎、子宮内膜炎から炎症が波及して起こります。呼吸器から侵入した結核菌や腎盂腎炎などの菌が卵管に炎症を起こすと、ほとんどが骨盤内の腹膜にまで達し、膿がたまります。

症状と治療
急性症状は高熱が出て激しい下腹部痛、不正出血、嘔吐などがあります。ただちに入院する必要があります。

慢性化
慢性化すると、卵管が他の臓器と癒着し、卵管や卵巣を摘出しなければならない場合もあります。また癒着によって卵子や精子の通り道が狭くなり、不妊の原因になります。


子宮頸管ポリープ

子宮頸管の粘膜が増殖し、子宮口の外に出て垂れ下がったものを言います。痛みはほとんどありません。ポリープが傷ついて出血することもあります。大きさは2〜3ミリが多く、治療は鉗子を使ってポリープの根元をねじり取ります。ほとんどが入院せずに通院で治療できます。