健康情報 > 生活療法講座 > 資料:ビタミン、ミネラル豆知識

健康情報.jpトップページへ ホームへ


資料:ビタミン、ミネラル豆知識

ビタミンやミネラルの働きや、その栄養素が欠乏した時にかかりやすい病気をご紹介します。

名称 主な働き 欠乏するとなる病気
ビタミンA
カロチン
皮膚や粘膜を健康に保つ。視力を保つ。美容効果。 夜盲症、眼球乾燥、感染症、皮膚病など。
ビタミンC 細胞の活性。免疫力の増強。癌予防する。コラーゲンを生成する。< 貧血、皮下出血及び出血、骨の老化、癌になり易いなど。
ビタミンD 骨をつくる。 骨軟化症、骨粗鬆症。
ビタミンE
レシチン
生殖機能。老化の防止、赤血球の溶血を防ぐ。 不妊、冷え症、歩行失調、ニューロパチー、貧血。
ビタミンB1 消化液の分泌、食欲の増進。 脚気病、消化不良、便秘、多発神経炎、精神病、脳障害。
ビタミンB2 成長を促進する。 成長停止、口唇炎、粘膜裂溝。
ビタミンB6 タンパク質の代謝に重要な役割をする、皮膚の抵抗力を高める。 成長停止、皮膚炎、むくみ、貧血、ニューロパチー、舌炎。
ビタミンB12 アミノ酸代謝、タンパク質の生合成に必要。 悪性貧血、脊髄の亜急性連合性変性。
ナイアシン 酵素の成分となる、胃腸の働きを正常に保つ、皮膚の健康を保つ。 ペラグラ、口舌炎、皮膚病、胃腸病、神経症状、痴呆。
葉酸 アミノ酸などの生成、赤血球の再生、粘膜の機能を正常にする。 不妊、障害児、貧血、口腔潰瘍、小腸の絨毛萎縮。
パントテン酸 脂質、炭水化物、タンパク質の代謝に関与している。 栄養障害、足の痛み、頭痛、心臓病。
カルシウム 骨や歯をつくる。筋肉、神経の働き。 骨や歯が弱る、神経過敏症。
ヨード

発育促進。 疲れやすい、肥満。
マグネシウム 神経、筋肉に関与する。 不安症、便秘。
亜鉛 精子、インスリンの構成元素。 精力低下、味覚障害。
セレン 活性酸素の抑制。 癌、肌のつやが悪い。
亜鉛のサポート 不妊、感覚障害。
クロム 肝臓で脂肪代謝に関与する。 肥満、脂肪肝。
マンガン 骨、軟骨を形成する。記憶力を増強する。 膝や腰の痛み、痴呆症
モリブデン 肝臓で造血に関与する。 貧血、体力低下。
造血に関与する。 貧血、生理不順。