健康情報 > 生活療法講座 > 不妊症・生理不順・生理痛を改善

健康情報.jpトップページへ ホームへ


不妊症の女性のための情報です。原因は様々ですが血液の循環を整えて、ホルモンの調整をすると妊娠しやすくなということです。

不妊症・生理不順・生理痛を改善

ホルモンのバランスが悪くてよい卵子が育たなかったり、子宮内膜症が原因で着床ができなかったり、生理不順が原因であったり、不妊症の症状も様々です。
最近は男性の不妊症も増えてきています。精子の数が少なかったり、元気がなかったりすることが主な原因のようです。

 不妊症など婦人病の原因

理想的な卵胞直径不妊症の大きな原因の1つに卵子の未発達があります。
妊娠に理想的な卵胞は直径20mmですが、不妊症の女性の卵胞はずっと小さく、この半分にも満たないこともあります。この状態では卵子が精子と出会えても着床できない場合が多いのです。

卵胞が未発達なのは、ホルモン分泌が正常でないからです。ホルモン分泌の異常は、生理不順・生理痛や基礎体温の異変など様々な形で表れます。こうした異変をほっておくと、不妊症という残念な結果をもたらす可能性が高くなりますので、なるべく早く適切な治療を受け、体質の改善を図ってください。

 改善のプロセス
脳下垂体を直接活性化し、ホルモン分泌を促します。
血液循環が良くなり、生理不順・生理痛を改善 下垂体を刺激することで血液環境が良くなり、経血がスムーズに流れる体に。
良い卵子を作り、妊娠しやすい体に!ホルモン分泌が良くなり、卵子が大きく成熟することで妊娠しやすくなります。



関連情報