健康情報 > 生活療法講座 > 体の疲れを取る食物療法

健康情報.jpトップページへ ホームへ


健康管理

体の疲れを取る食物療法

■ 納豆を食べて疲れを取る

発酵食品の納豆には9種類の必須アミノ酸が含まれています。アミノ酸・タンパク質は細胞や免疫物質の構成成分です。タンパク質は細胞の構造維持、増殖、運動、情報伝達、物質の輸送などに関与しています。納豆を食べてアミノ酸を体内に取り入れれば活力が与えられます。納豆は消化酵素も含んでいるので即効性があります。


胃もたれには大根おろし■ 胃もたれには大根おろし

大根には消化酵素のアミラーゼが含まれています。大根おろしに生姜を少し加ええると胃もたれによいです。


■ 下痢には梅肉エキス

梅肉エキスのお湯割りを飲みます。 ない時は梅干六個を表面が黒くなるまで妙って、濃く煎じて飲みます。


梅干しが二日酔いを回復させるといわれています■ 二日酔いには梅干や生姜

二日酔いを防ぐため、まず飲む前には、必ず何か食べておきましょう。昔から言われていますが、飲む前の一杯の牛乳は、胃の粘膜をよく保護します。お酒で痛んでしまった胃の粘膜には、梅干です。梅干に含まれるクエン酸が粘膜を修復します。吐き気が強い時は、生姜汁を飲むとおさまります。


■ 水は全身の調子を整え肌を潤す

水の摂取を心がけましょう!水は、体のシステムを整えるのに不可欠です。年末年始、普段よりストレスや食べる量が多かったなら、いつにも増して重要と言えるかもしれません。また、水は食欲をコントロールするダイエットにも役立ちます。空気の乾燥する冬には、皮膚や他の部分の体細胞を潤すのに大切な役割も果たしてくれます。


■ その他、疲労回復に良い食べ物

にんにく、ごま、山芋、酢、朝鮮人参など