健康情報 > 生活療法講座 > 免疫力を高める栄養素

健康情報.jpトップページへ ホームへ


免疫力を高める栄養素

医学の世界でも「栄養と免疫が密接な関係がある」ということに注目し、研究されるようになってきました。特にビタミンは本来の効能だけでなく、細胞の働きを強化したり、増殖などに関与しています。ビタミンを多く含んだ緑黄野菜など、野菜のパワーが再評価されています。


栄養はバランスよく

カロテンからビタミンAへの転換には、たんぱく質、亜鉛、ビタミンCなどが関わりますので、バランスよく栄養を取らないといけません。栄養が偏よると免疫のバランスをくずし免疫力を低下させることになります。

■ 野菜のパワーが免疫力をアップ

野菜や果物が、がん予防など医学研究の最先端でも見直されてきています。その結果、今まで栄養にならないと思われていたような成分も、健康維持に貢献している事が分かりました。
野菜はカロリーも脂肪も少なく肥満になりません。

■ 緑黄野菜と淡色野菜

色の濃い野菜はカロテンやビタミンを多く含んでおり、身体に良いということは今では常識なっております。それに比べて淡色野菜は緑黄野菜に比べて栄養価が低く、あまり重要視されてきませんでした。しかし、近年、淡色野菜やきのこなどに免疫を活性化する化学成分が次々と発見されてきております。

■ 免疫の維持に貢献するビタミン

ビタミンやミネラルは生理機能を調節し、代謝を円滑にする働きをしています。また、免疫器官に協力し、細胞の増殖を活発にさせるなど、免疫機能を正常に維持する為に欠かすことができません。ビタミンA,C,Eや亜鉛、セレンなどのミネラルには免疫細胞を傷つける活性酸素の害を防ぐ抗酸化成分を有しています。

ビタミンは体内で合成することができないので、外部から摂取しなければいけません。

ビタミン 免疫との関係 多く含まれる食物
ビタミンA 皮膚や粘膜を強化 ※1
リンパ細胞の働きを強化、抗酸化作用。
かぼちゃ、人参、ほうれん草、モロヘイヤ、あしたば、うなぎ、レバー
ビタミンB6 免疫グロブリンと呼ばれる抗体の元である。
タンパク質やアミノ酸の生成に関与している。
バナナ、いわし、マグロ、レバー
ビタミンC マクロファージの活性化
インターフェロンの産生を高める
(NK細胞はインターフェロンが活性化させます)
ブロッコリー、かぼちゃ、ピーマン、ゴーヤ※2、果物、芋類
ビタミンE B細胞の増殖を促し、抗体の産生を高める。 モロヘイヤ、カボチャ、アボガド
亜鉛 胸腺を活性化
T細胞の機能を高める
カキ(貝)、ホタテ貝、いわし、うなぎ、レバー、豆類、大豆製品、海藻、玄米
セレン 抗体産出を高める 魚、貝、ごま

※1 粘膜は自然免疫系で細菌やウイルスの侵入を防いでいますので、ビタミンAが不足すると感染症にかかりやすい。
※2 ゴーヤ(にがうり)1本でレモン3個分のビタミンCがあります。

■ 砂糖の摂りすぎは免疫力を低下させる

砂糖には、免疫細胞の白血球の働きを低下させる働きがあるので、風邪を引きやすくなったり、重い病気を招く原因にもなってしまいます。
免疫力の低下は、花粉症や食物アレルギーなどのアレルギー症状にも影響を及ぼします。
白砂糖は代謝にビタミンBなどのミネラルが必要です。白砂糖自体はビタミンBを含んでいないので、体内の組織から、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、ビオチン、マグネシウムなどを使用します。 その結果、砂糖が大量に体内に入ると、他で使われるべきビタミン・ミネラルが不足することになります。
ビタミンB、マグネシウムは、脂質の代謝に不可欠で、この欠乏は免疫力の低下に直結します。