健康情報 > 生活療法講座 > 免疫構造は二重構造

健康情報.jpトップページへ ホームへ


免疫構造は二重構造

●自然免疫系

「皮膚や粘膜・涙など、リゾチーム、補体、インターフェロン、マクロファージ、好中球、NK細胞」

●獲得免疫系

「リンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)、抗体」

■ 獲得免疫系には二つの免疫があります。

  1. 液性免疫
    • B細胞と抗体が主役です。バクテリア(細菌)に対する防衛です。
    • 抗体が細菌に結合して毒素を無害化したり、排除したりします。
  2. 細胞性免疫
    • T細胞、NK細胞が攻撃の主役です。ウイルスや細胞内に寄生する強力な菌(結核菌、サルモネラ、レジオネラ、クラミジアなど)やガン細胞に対する防衛です。
    • ウイルスや細胞に寄生する細菌は細胞内で増殖し続けます。T細胞が感染した細胞やガン細胞の異常を発見し、NK細胞やキラーT細胞が感染細胞と結合して殺します。

■ 獲得免疫系には記憶する事ができます!