健康情報 > 生活療法講座 > 免疫物質

健康情報.jpトップページへ ホームへ


免疫物質

免疫細胞以外にも免疫システムに関わっている物質があります。

細胞間の伝達物質、サイトカイン

サイトカインは免疫系が正常に働くように、細胞間の情報の交換・伝達、細胞の分化、増殖、抑制などに関わり、生体の恒常性維持に重要な役割を果たす物質です。

サイトカインはタンパク質の一つで、T細胞やB細胞、マクロファージなどから合成され、インターフェロン、インターロイキンなどの種類があります。

風邪を引いたときに発熱したり、運動した時に発汗するのは、インターロイキンが脳の発熱中枢に働いて誘導しているからです。インターフェロンは、ガン細胞やウイルスが増殖するのを押さえたり、T細胞の働き過ぎを押さえたりします。

補体

補体はタンパク質分子で、普段は血液中にバラバラと存在して、何もしていません。細菌などの異物が侵入してくると、マクロファージなどから産生され、貪食細胞を呼び寄せたり、異物を食べやすくするように協力したり、細菌を破壊する働きをします。

抗体

抗体はY字型をした攻撃ミサイルです。

体内に侵入した異物を抗原として認識すると、その抗原を撃退するために抗体をつくります。これを抗原抗体反応と言います。

抗体は抗原を分解することができません。抗原と結合して除去したり、無害化します。

細胞の先端に作られ、抗原(異物)を見分けるレーダーの役目もします。

抗体を作らせるような物質を抗原と言って、ウィルス・細菌・カビ・寄生虫、チリ、花粉などほとんどのものが抗原になり得ます。

注意)各画像はイメージです。


抗体のしくみ

・抗体を形成しているのは免疫グロブリンと呼ばれているタンパク質です。B細胞で作られ役割に応じて体内に散らばっています。
・抗体があらゆる種類の抗原の形に、ピタッと結合できるようになっているのは、抗体の遺伝子が1兆以上の種類があるからです。このような抗体のしくみについて解明したのが、ノーベル賞を受賞した利根川進博士です。抗体を最初に発見したのは北里柴三郎博士とベーリング博士です。
・抗原抗体反応による免疫システムが過剰に反応すると、花粉症や食物アレルギーを引き起こします。

■ 自己抗体

抗体は異物が侵入したときに反応して作られますが、正常に機能していれば、自己の成分に対しては反応しません。しかし、T細胞の非自己の認識過程が狂うと、体を構成する自己細胞を攻撃するT細胞や抗体が出現するようになります。この抗体を自己抗体と言います。このように自己抗体が自分自身を攻撃して、疾病を引き起こすことを自己免疫疾患と言います。