健康情報 > 生活療法講座 > 免疫細胞の種類と役割

健康情報.jpトップページへ ホームへ


免疫細胞の種類と役割

免疫には役割分担があり、互いに連絡を取り合って動いています。

・掃除屋のマクロファージ

マクロファージは原始的でアメーバ状の細胞です。

体内に侵入してきた異物を発見すると直ちに急行し、自分の中に細菌でもウイルスでもホコリで次々と取り込んで(貪食)処理しようとします。

しかし強力な細菌は内部でどんどん増殖するので処理し切れません。そこで、異物(抗原)を表面に提示して「外敵が来た!」と、ヘルパーT細胞に情報をへ伝え、助けを求めます。

マクロファージはウイルスの死骸や殺傷している感染細胞やガン細胞を掃除します。また、寿命がきた赤血球や白血球なども片づけます。

・好中球

好中球は顆粒球の90%以上占めています。

主に細菌やカビを貪食します。炎症を起こし、その結果、傷口から膿が出てきますが、これは好中球と細菌の死骸です。

・T細胞

T細胞は主に感染した細胞を見つけて排除します。

T細胞は3種類あり、それぞれ司令塔、殺し屋、ストッパーの役目をしています。

【ヘルパーT細胞】は免疫の司令塔であり、助っ人です。

  • マクロファージから病原菌(抗原)の情報を受け取り、B細胞に抗体を作るよう指令を出し、抗体を作るのを助けます。
  • インターロイキンというサイトカインを分泌し、キラーT細胞を活性化させます。

【キラーT細胞】は殺し屋です。

  • 普段は静かにしていますが、ヘルパーT細胞から指令があると、感染した細胞にとりついて、その細胞を殺してしまいます。

【サプレッサーT細胞】はストッパー役です。

  • 過剰に攻撃したり、武器を作ったりしないように抑制したり、免疫反応を終了に導きます。
・抗体という武器を作って攻撃するB細胞

B細胞はT細胞の指令により、病原体(抗原)に応じた抗体を産生し、病原体に向かって攻撃していきます。

B細胞はあらかじめ表面にレセプターをアンテナのように掲げ、病原体(抗原)と結合し、どんな抗原か察知しておきます。

同時にB細胞は抗原を提示します。

・ナチュラルキラー(NK)細胞

文字通り生まれついての殺し屋です。殺傷力が高く、常に体内をパトロールし、ガン細胞やウイルス感染細胞を見つけると、直接殺します。

※ 細胞の画像はイメージです。


役割によっても呼び分けられています

・貪食細胞
・抗原提示細胞
・抗体産生細胞