健康情報 > 生活療法講座 > 免疫を再確認

健康情報.jpトップページへ ホームへ


免疫を再確認

■ 免疫のシステムとは?

免疫学的に言うと「自己と非自己を区別して、自己以外のものを異物(抗原)として認識して排除する仕組み」です。言い換えれば「体内に入った細菌やウイルスなどの外敵(非自己)から身を守る生体防衛機能」のことです。
免疫システムによって私たちの体は健康に保たれているのです。

■ 自己と非自己は何のこと?

「自分の体の成分」と「自分の体の成分でないもの」を、免疫学ではそれぞれ「自己」、「非自己」という用語で表現しています。「非自己」は自分以外のもの全て、ウイルスや細菌、花粉、塵などの異物なども含まれています。


最初の生体防衛(初期防衛)

皮膚、眉毛、鼻毛、まつげや粘膜(気管支・消化器官・鼻・口・のど・膀胱・尿道など)、唾液、鼻水、涙などの分泌液が、異物の侵入を防いでいます。
吸気に混じって侵入した微生物を気道の繊毛が殺菌し、感染から防衛しています。くしゃみや咳は異物を外に追い出しているのです。
汗や尿は異物を外に流し出します。

分泌液や粘液に「殺菌物質リゾチーム」が含まれています。また、胃で分泌される酸も食物中の細菌を殺菌します。