健康情報 > 生活療法講座 > 子供の風邪に

健康情報.jpトップページへ ホームへ


子供の風邪に

子供は風邪を引くと熱を出しやすく、汗をよくかきます。脱水症状を防ぐために、湯ざましやジュースなどの水分を与えて下さい。こまめに下着も替えて下さい。

名称 野菜 ・果物 作り方 ・効能
しょうが湯 すりおろした“しょうが”に熱湯を注ぎハチミツを加えて飲みます。1日3回位。
梅干の黒焼き 梅干を網の上で焼いて、湯のみ茶碗に入れて、熱湯を注ぐ。梅干は新陳代謝を活発にするので、発汗、解毒作用がある。
くず湯 鍋にくず粉大さじ2杯と水大さじ3杯を入れて、よくかき混ぜる。滑らかにくずが溶けたら、水1カップと砂糖大さじ1杯をを加え、火に掛ける。木べらで焦げ付かないようにして、透明になったら、火を止める。ひきはじめや、回復期によい。
大根あめ 大根をすり下ろして水あめを加える。お湯で倍に薄めて飲む。1回に湯のみ茶碗1杯。1日3回。のどの炎症を抑える。大根の消化酵素ジアスターゼが、消化をよくするので、風邪に弱った胃腸にもよい。
金柑の煮汁 金柑30個に縦に切り目をいれ、最初に水で茹で、冷水にさらしアクを取ります。そのあと金柑と水800cc、砂糖(ハチミツでもよい)250gを弱火で20〜30分煮ます。煮汁をそのまま飲みます。のどの炎症を鎮め、咳を止める。
りんご
ジュース
りんごをすりおろし、ガーゼで搾って飲む。成分のペクチンが整腸作用があり、下痢にも便秘にもよい。水分補給にもなる。