健康情報 > 生活療法講座 >その他の高血圧改善対策

健康情報.jpトップページへ ホームへ


寒さに対する高血圧対策

寒い時には体温を逃さないように毛細血管が収縮するため、血圧が高くなります。そのため、一般的に血圧は夏より冬に高くなります。高血圧の人は冬は特にしっかりと血圧のコントロールをしなければいけません。

暖かい場所から寒い場所に出ると、急激な温度差により血圧が上昇し、脳出血の引き金になることもあります。暖房で温まった家から外出する際は、足先、手先、首から寒気が入らないように、靴下、ブーツ、手袋、マフラー、帽子を着用するようにしましょう。
寒い夜中にトイレに行った際に脳出血を起こすなどのケースもありますので、トイレに行く際には、ガウンとソックスを着用するようにしましょう。


良い睡眠は高血圧を改善

高血圧でない人でも、活動している日中は血圧が高く、睡眠中は低くなります。
高血圧の人は日中に高い血圧のためい血管に負担がかかります。
それを睡眠中に修復しようとします。

しかし、睡眠が不十分の場合、血管の負担を軽減できず、血管への障害が進みます。これが長く続くと、脳卒中や心筋梗塞へとつながっていきます。


高血圧を改善する入浴法

お風呂に浸かっていると、温められた血管が拡張し、また水圧で心臓に戻る血液が増えるため、尿を出やすくするホルモンが出て、降圧作用をもたらします。

そのため、高血圧の人によってお風呂は有効なのですが、急激が血圧変化に要注意です。血圧の変化が大きいほど、脳出血や心筋梗塞を引き起こしやすくなります。

それを防ぐには、脱衣所や風呂場を予め暖めておくことが必要です。浴室暖房を利用したり、また、お風呂の蓋を開けてしばらく湯気で暖めておくだけでも、急激な血圧変化予防となります。 また、ぬるめのお湯(38〜40度)にゆっくり浸かるようにしましょう。ゆっくりお湯に浸かることで、体の芯まで温まり、湯冷めしにくいので、降圧作用が長時間続くことになります。


アルコールはどれくらい飲んでもいいの?

アルコールは一時的に血圧を下げる作用がありますが、長期にわたる過剰な飲酒は高血圧の大敵です。
赤ワインに含まれているポリフェノールには動脈硬化を防ぐ作用があったり、アルコールの摂取量が多いほど心筋梗塞での死亡が少ないという調査報告もあるようですが、肝硬変やアルコール中毒の危険性が増えることになるので、やはり飲みすぎはよくないことは明らかです。


▼高血圧の人が一日に飲んでいいアルコール量

アルコールの種類 アルコール度数 飲酒許容量
清酒特級 16.5% 181ml(1合)
清酒1級 16% 187ml(1合)
清酒2級 15.4% 194ml(1合)
黒ビール 5% 599ml
ビール(淡色) 4.5% 666ml
ワイン(赤・白) 12% 250ml
焼酎35度 35% 85ml
焼酎25度 25% 120ml
焼酎20度 20% 150ml
ウイスキー特級 43% 69ml
ウイスキー1級 40% 75ml
ウイスキー2級 39% 76ml
ブランデー特級 43% 69ml
ブランデー1級 42% 71ml
ブランデー1級 39% 76ml
ウォッカ50度 50% 60ml
ウォッカ40度 40% 75ml
ジン47度 47% 63ml
ジン37度 37% 81ml
ラム 45% 66ml