健康情報 > 生活療法講座 > 健康安定化にイワシ(サーデン)ペプチド

健康情報.jpトップページへ ホームへ


健康安定化にイワシ(サーデン)ペプチド

昔からイワシを食べると血液の流れが良くなると伝えられてきました。高血圧の人はイワシの料理を食べると良いでしょう。イワシのパワーは高血圧の予防にもなります。

イワシから抽出されるペプチドはアミノ酸の結合体です。
アミノ酸の結合体であるイワシペプチド(サーデンペプチド)には、緩やかな血圧降下作用があることが分かりました。これはイワシペプチドがACE酵素の働きを止めて、血圧を上昇させる物質(アンジオテンシンII)を低下させる作用があるからです。アミノ酸は数十個から2〜3個つながった単位です。2〜3個の低分子アミノ酸は吸収に優れ、効果が持続する事が認められています。

血圧を正常化ー高血圧も低血圧も

イワシ抽出ペプチドの最大の特徴は、血圧を下げる効果だけでなく、血圧を正常に保つ機能を回復させることです。


「血圧の正常化」ということは、すなわち血圧の高い人も低い人も正常値にするということです。

●イワシのペプチド投与による血圧値の推移

イワシのペプチド投与による血圧値の推移


「イワシ」のパワー

■ イワシは最高の原料です!

イワシ

「いわし」の油はエネルギーの元となり血液の粘りを取り、流れやすくしてくれます。「いわし」は漢方的にいうと体に精をつけ、更に物を考える力(気力)を高めます。
この二つが賦活される事で、薬にはマネできない効果を発揮します。天然、自然薬の素材として最高の原料が「いわし」なのです。


■ 意外と知られていませんが、「いわし」は「カルシウム」も大変豊富です。


カルシウムの吸収率は、いわし1尾に対して牛乳コップ3杯半です。

※さらにイワシの身から新成分イワシ抽出ペプチドが発見され、
  私たちの生活習慣からくる様々な症状に効果を発揮する事がわかってきました。

イワシペプチド(サーデンペプチド)には、次のような作用が期待されています。

1. 血圧の正常化作用

「イワシ抽出ペプチド」は血圧の高めの方でも血圧の低めの方でも血圧を正常値にもっていく事が、明らかにされております。しかも天然素材なので心配もありません。栄養剤としても大変優れております。

2. 体重を下げる働き

「イワシペプチド」は体内の脂肪代謝を促しますので、肥満防止に役立ちます。体脂肪を取り、体重を下げる働きがあります。

3. 体内の流れが良くなります

「イワシペプチド」は、血液の流れがよくなり、冷えやしもやけ、肩こりが改善されると言われています。腸も活発に動くようになり、いつもすっきりとして、血もきれいになるので、吹き出物、シミ、ソバカスも改善されます。

4. 肥満症の改善について

「イワシ抽出ペプチド」は体内の脂肪代謝を促し、肥満防止に役立ちます。体脂肪を取り、体重を下げる働きがあります。血管内の脂肪も溶かしだし善玉コレステロールを増やします。

遺伝性肥満ラットを用いた動物実験で「イワシ抽出ペプチド」を与えたラットは、与えなかったラットに比べ、体重の減少が認められました。この事から「太りやすい体質」の人に対しても脂肪代謝を高めて体重を下げる可能性があると考えられます。

5. 高脂血症への改善作用について

「イワシ抽出ペプチド」には脂質が全く含まれていませんが、血液の流れを良くする、ビタミンEやEPAと同じ様な作用(高脂血症の改善作用)がラットを使った動物実験で認められています。又、善玉コレステロールを増やす事によって血中の脂質代謝を促し、全体のコレステロール量を下げているのです。これは、生体内の脂肪代謝に好影響を与えていると想像できます。

6. 糖尿病の改善作用について

糖尿病」はインスリン(ホルモン)の異常→血液中のブドウ糖の濃度が高くなる→高血糖状態になる→尿と一緒に糖が排出される…といわれておりますが、「イワシ抽出ペプチド」は高血糖状態のもとになる、糖質を食べても体内でブドウ糖になりにくくする効果があります。血糖値もこれで安心です。

7. 血管拡張作用

「イワシ抽出ペプチド」は、血管拡張作用があるので、血液の流れがよくなり、血管障害が原因の、冷えやしもやけ、肩こりが改善されます。腸も活発に動くようになり、便秘も解消されます。血もきれいになるので、吹き出物、シミ、ソバカスなども改善されます。