健康情報 > 生活療法講座 > 資料:雑穀の栄養成分

健康情報.jpトップページへ ホームへ


指導 … 田上 光男 先生

資料:雑穀の栄養成分

琴波式で玄米に混ぜている雑穀を紹介します。

写真 種類 栄養成分 効用
はと麦 タンパク質、脂肪、カルシウム、鉄分、ビタミンB1・B2、リノール酸 滋養強壮、利尿作用、美肌効果、いぼ取り効果
とうもろこし でんぷん、ビタミンA・B1・ B2・E、リノール酸、カリウム、食物繊維 疲労回復、動脈硬化予防、発育促進、便秘予防
黒米 たんぱく質、ビタミンB1・B2、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム 滋養強壮、コレステロールの低下、動脈硬化予防、貧血防止
黒ごま タンパク質、脂質、ビタミンB1・B2、 リノール酸、カルシウム、セサミン 血圧降下作用、血管の老化防止、肌の老化防止、骨粗相症の防止、肝機能の強化、抗酸化作用、白髪脱毛防止、貧血、冷え性の改善
黒豆 タンパク質、ビタミンA・B1・B2・E、リノール酸、サポニン、レシチン、食物繊維 抗酸化作用、コレステロールの低下、血液循環の活発化、肥満予防

小豆

鉄分、サポニン、ビタミンB・B2、食物繊維 利尿作用、便秘予防、血液循環の活発化、貧血予防
冷え性、腎臓によい。
緑豆

タンパク質、でんぷん、リン脂質、ビタミンB1・B2、サポニン 利尿作用、解毒作用、抗アレルギー
アマランサス たんぱく質、脂質、繊維リジン、カルシウム、鉄分、ビタミンE 貧血症、骨粗鬆症、食物アレルギーを起こしにくい食物。
そば タンパク質、ビタミン A・B1・B12、ルチン 心臓疾患の予防、脳漏血を予防、整腸作用
栄養が高く低カロリー。
くこ タンパク質、ビタミンB1、カルシウム、鉄分、カテコールタンニン(カテキン)、ナイアシン 高血圧や低血圧を改善、動脈硬化予防、肝臓機能を高める、疲労回復
赤米 ビタミンB1、カルシウム、鉄、カロチン 抗酸化作用
赤色系色素(タンニン)が栄養分を多く含んでいます。
白ゴマ タンパク質、脂質、ビタミンE、 カリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維、セサミン 血圧降下作用、血管の老化防止、肌の老化防止、骨粗相症の防止、肝機能の強化、抗酸化作用、貧血、冷え性の改善
大豆 イソフラボン、リノール酸、レシチン、コリン、サポニン、カルシウム、マグネシウム、鉄分 動脈硬化、高血圧、心臓病、高脂血症など生活習慣病の予防、老化予防

資料:用語解説

代謝促進【たいしゃそくしん】 古い細胞が新しい細胞と入れ変わることを新陳代謝と言いますが、代謝促進とは、細胞を速く生まれ変わるようにすることです。
活性酸素【かっせいさんそ】 活性酸素は細胞膜を構成する脂質や、遺伝を司るDNAなどを傷つけて体に様々な障害を与えます。活性酸素は老化や発がんなどの危険因子とも考えられています。
抗酸化作用【こうさんかさよう】 活性酸素の害を抑えることを言います。