健康情報 > 生活療法講座 > 琴波式 玄米ごはんの作り方

健康情報.jpトップページへ ホームへ


琴波式 玄米ごはんの作り方

7月14日に炊きました。
炊き立てはツヤツヤしています。

この日は玄米、小豆、十種雑穀、大豆、赤米、白ごまで、水は9カップ。
17時間も水に浸け込みましたので、気がついたら、ぶつぶつと泡が立っていました。どうしようかと思いましたが、思い切って、そのまま圧力鍋で炊きました。塩も入れるのを忘れましたが、いつもより美味しかったです。
心配しましたのは、夏ですから水などが腐っていないか、ということでしたが、炊く前の状態のとき、別に変な臭いがしなかったので、「だめもと」で炊いてみましたが大丈夫でした。

【注意】今回はOKでしたが、水に浸ける時間とか室温などによるデータを取っておりませんので、必ずしも大丈夫とは言い切れません。



■ 玄米ごはんの炊き方

圧力鍋を使いますが、一晩水に漬ける以外は、分量も割と大雑把にしていますが、初心者もほとんど失敗がありません。

玄米に十種雑穀、小豆が基本パターンです。赤米、 黒米、黒豆、大豆は貰い物や、残り物があれば入れています。水は全体の1.2倍から1.5倍ということだそうです。琴波式は玄米5カップと小豆、十種雑穀に対して9カップですので、やわらかめです。

いつも目分量でしておりますが、レシピ表記するために計ってみました。