健康情報 > 生活療法講座 > あなたの悩み、相談してみませんか?

健康情報.jpトップページへ ホームへ


あなたの悩みに専門家がアドバイスいたします。

 日常を過ごす上で、お体の悩みは尽きることがありません。
 でもなかなか毎回病院にいくのは時間的にも難しいですよね?ここでは各分野の専門家の先生方に
皆様から頂いた質問にたいしてタメになる回答をもらっています。

ぜひ参考にしてくださいね。
また、「こんな場合は?」「こんなときはどうすれば?」といったご質問も募集中です。

ご協力いただいている専門家の皆様

邵輝先生 春木 篤先生 後藤 先生 

■ Q

最近よく聞きますが、「AMH」って何ですか?

■ A

AMH(Anti-Mullerian Hormone)とは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。
その値は卵巣内にどれぐらいの卵が残っているか、つまり卵巣の予備機能がどれほどかを反映すると考えられています。



■ Q

AMH値から卵巣の中に残っている卵の数を予測できますが、
FSH(卵胞形成ホルモン)から予測する事に比べてどちらが正確ですか?

■ A

AMHは前胞状卵胞が酵素を分泌する能力を反映しますが、
FSHは脳下垂体が卵巣の働きを支配する能力を反映します。
従ってFSHよりAMHの方が卵巣予備機能を正確に推測できます。
しかもFSHは月経周期と排卵誘発剤の使用によって大きく変動する為、
FSHの値から卵巣年齢を正確に予測する事は困難です。



■ Q

AMHで卵子の質は分かりますか?

■ A

分かりません。AMHと卵子の質は、関係ありません。
卵子の質に影響するのはご本人の年齢で、
例え残っている卵が少なくても若い女性の方が卵子の質が良いです。



■ Q

生理周期のいつ頃にAMH検査(卵巣年齢検査)を受けたら良いですか?

■ A

体外受精や顕微授精を開始する前にこのAMHを測定し、
その結果を参考にしつつ治療方針を決定すべきです。



■ Q

どうしてE2が正常値だったのに、空胞になったのでしょうか?
また卵が空胞かどうかは、体外受精(採卵)してみて初めて分かる事なのでしょうか。エコーでは、分かりませんか。

■ A

卵胞を桃で例えると分かりやすくなります。桃が三部分に分かれている時、外果皮は卵胞の一番外側にある卵胞膜、
中果皮は卵胞の顆粒膜細胞、核の中の種子は卵子です。E2は外側の卵胞膜と顆粒膜細胞から分泌されています。
だから空胞の場合で「中の種子」が無くても、外の卵胞膜と顆粒膜細胞があればE2値も順調に上がって来ます。
自然に排卵する場合は、卵子一つに対して「E2値が150位」が目安だと思って下さい。但しそれは卵子の質とは、また別の話です。
空胞という事は、「卵胞の中に卵が無い」という事です。エコーで見えるのは卵子じゃなくて、
「卵が入っている卵胞」が映っています。ですので、エコーで空胞かどうかは、残念ながら分かりません。



■ Q

初期胚が何個、胚盤胞が何個あれば妊娠できますか。三日目の胚と四日目の胚の凍結は、余りされていない気がします。
なぜ二日目と五日目の胚だけが凍結されているのですか?また同じグレードとして3細胞、4細胞、5細胞の中でどれが一番良いですか?

■ A

基本的には取れた卵の数が多ければ多いほど、妊娠できる可能性が高いです。初期胚が1~4個ぐらいであれば、
残りの受精卵を胚盤胞まで培養する事をお勧めします。具体的には、採れた卵の数と患者様の希望によって決めます。
2日目と5日目の初期胚で凍結するのは普通です。3日目胚と2日目胚では細胞の分裂数だけが違いますが、グレードを決める基準は同じです。
最近、3日目の胚を戻す事もあります。
胚は順調に分割が進めば受精後4日目に桑実胚になりますが、グレードの判断をする事は難しいのでその時期での凍結や移植は余り致しません。
胚は順調に分割が進めば、受精後2日目に4細胞になります。2細胞と3細胞の時は分裂のスピードが遅いので、6細胞と4細胞の方が良いという事になります。



■ Q

着床前診断(PGD)について教えてください。

■ A

「着床前診断」は、英語では「Preimplantation genetic diagnosis」と訳され「PGD」と省略される事が多いです。受精卵の染色体及び遺伝子の検査です。
「PGD検査」の流れ
1、体外受精や顕微授精の技術で精子と卵子を受精させます。四細胞や八細胞になるまで、二、三日培養します。

2、培養ケースから胚を取り出し、特別な装置で固定します。透明帯にレーザーで穴を開けます。その時に胚に傷を付けないという事が非常に大事です。

3、細いカテーテルで開けた穴を通して分割した胚の割球(細胞)の内の1つを慎重に採り出し、その1つの割球を検査に使用します。
採り出した割球にFISH(染色体検査法)あるいはPCR(遺伝子検査法)を行い、胚が正常であるかどうかを調べます。

4、検査の結果「正常」であった胚が胚盤胞まで成長したら、その胚を子宮内に移植します。



■ Q

受精卵の凍結の手順について、教えてください。

■ A

受精卵を常温の培養ケースの中で取り出して、凍結専用テーブルの上で凍結の操作をする。
凍結した受精卵の写真を撮って、患者様に渡します。

1、 受精卵のグレードを判断し、患者様に報告する。
2、 受精卵を凍結専用の培養液の中に入れて、規定の時間内にガラス化をする。
3、 ガラス化した受精卵を窒素の中に入れて、凍結保存をする。

以上の操作の中で、時間と凍結の記録は厳しく規定されています。

1. ガラス化操作は、60秒以内に完成させ(補助員が10秒ごとに時間を計測しています)、60秒以内に複雑な操作をしないといけません。
2. 記録について
①患者様のIDと名前を専用のnotebookに記録しています。
②保存の場所も専用のtankに記録しています。
③受精卵を保存している容器の外に患者様のIDとバーコードを貼っています。
④容器の内側にも専用のペンで患者様の名前を書いています。
3、補助員の以下の協力で、受精卵を凍結しています。
①凍結保存液の準備
②受精卵の記録
③受精卵のガラス化凍結時間の測定
④受精卵の状況を記録している専用のnotebookとtankへの記入
⑤患者様の名前とIDの確認



■ Q

不妊治療のタイミング指導において医師から「タイミングを取るように指示された日」にご主人が飲酒をしたり薬を服用した場合、何か妊娠や授かった子供に悪い影響がありますでしょうか?

■ A

精子が薬やアルコールの悪影響を受けていれば、受精や着床がうまく行かず妊娠は致しません。つまり精子に「授精能力が無い」という事です。女性がART(高度生殖医療)時に使用されるホルモン剤も同じ考え方で良いです。



■ Q

妊娠に良いツボは、ありますか?

■ A

東洋医学では、「不妊三穴」と言われる神闕(へその穴)、関元(へその穴より5cm下)、
気衝(前側の足の付け根、股関節)を温灸器で温めると下腹部の血行が良くなり妊娠しやすくなると言われています。

下腹部が温まり血流が促進されると卵子のレベルが上がりますし、生理痛が緩和しますし、
子宮内膜が厚くなりますし、チョコレート嚢胞の改善にもなります。
また血海(内ももの部分、膝の皿から10cm上)と耳を温灸器で温めると、女性ホルモンを増加させホルモンバランスを整えストレスを緩和します。

更に壇中(両側の乳首の真ん中)を押してみて下さい。軽く痛い方は、ストレスがたまっています。背筋をピンと伸ばして、その部分を温灸してみて下さい。

猫背は、絶対にダメです!ストレスが溜まり、不妊の原因になります。女性の健康に良いツボばかりを選びました。今日からツボ温灸を始めませんか。



■ Q

耳のツボについて、詳しく教えて下さい。

■ A

耳は、全身のツボが足の裏以上に集まっています。
特に耳が温まると、女性ホルモンがいっぱい出ますしストレス緩和にもなります。
温灸器で温めるのが一番良いですが、耳をグニュグニュと揉んでもらっても良いです。
耳ツボの位置と身体に及ぼす効果の関係ですが、ちょうど赤ちゃんが丸まって(膝を抱え込んで)座っているポーズの上下逆向きになっています。
例えば、耳たぶは頭特に目のツボです。最近ピアスをしている女性が非常に多いですが、
夜ピアスを取った後に必ず耳たぶを揉んで下さい。そうすると、将来に目の病気になる確率がグッと下がります。
プレママ達は、耳の上の方をしっかり揉んで下さい。耳の上部は、子宮・卵巣のツボです。
テレビを見ながら事務仕事をしながら一番良いのは湯舟に浸かりながら、耳全体をマッサージして下さい。
過度な緊張状態やストレスが続くと耳が固くなりホルモンの分泌に悪影響なので、毎日湯舟に浸かりながら耳全体をしっかりマッサージして下さい。





| 『健康情報』トップ | 『健康情報』について |

Copyright(c) 2006, Kenko-Joho Project. All rights reserved.