健康情報 > 生活療法講座 > かしこいお酒の飲み方

健康情報.jpトップページへ ホームへ


お酒との上手な付き合い方

かしこいお酒の飲み方

■ 食べながら飲む!

食事をしながらお酒を一緒に飲むと、胃の粘膜の上に食物が層を作り、胃を荒らさずにすみます。そのため、アルコールの吸収を抑えてくれます。また、食べることでお酒のペースを抑えることもできるので、二日酔いや悪酔いも防ぐことができます。
一気飲みや、血中のアルコール濃度を急速にあげてしまい、急性アルコール中毒を引き起こす危険性があるので、やめましょう。

■ おつまみをひと工夫

肝臓が必要とする栄養素はタンパク質です。
また、お酒を飲むとアルコールによってミネラルも失われやすくなるので、高たんぱくでミネラルが豊富な食品を摂りましょう。

チーズ チーズ 胃腸の粘膜を保護する脂肪分を含む
牛乳 牛乳 アルコール分解を促進するタンパク質を含む
野菜 野菜 お酒によって失われたミネラル・ビタミンの補給
果物 果物 アルコール分解を助ける加糖が含まれる
塩分の多い食品 塩分の多い食品 漬物、塩辛、たらこ

■ 水分不足に要注意!

アセトアルデヒドの影響だけでなく、アルコールの利尿作用・発汗作用による体内の水分不足も二日酔いの原因のひとつです。
特に夏の炎天下での飲酒は気を付けないといけません。
また、飲みすぎはもちろんのこと、ちゃんぽんなどで飲むペースが早くなるのも二日酔いの原因です。

二日酔いになってしまったら、どうしたらいいの?
●アルコールを排出
・スポーツドリンクを500ml〜1Lぐらい飲んで、汗や尿をたくさん出す
・ぬるめの烏龍茶や紅茶で発汗を促す
●飲酒後の低血糖状態を改善
・油分のない炭水化物を摂る(お粥やお茶漬けなど)
・羊羹やチョコレートを一切れ食べる

■ 休肝日をとりましょう!

アルコールを毎日過剰摂取すると、肝臓には中性脂肪が蓄積され、胃や腸の粘膜が荒れてしまいます。
厚生労働省の調査によると、休肝日がある人とない人とでは、死亡のリスクが変わるという結果が出ています。

男性飲酒者の休肝日の効果

<<参考>>酔いが覚める時間ってどれくらいなの???

肝臓の処理能力には個人差があり、体重や酒量によっても酔いが覚める時間は左右するので断言ができません。
飲んだら車は乗らないようにしましょう。

飲酒後の血中アルコール濃度の推移