2017年03月の健康情報     ガーデニングの季節です 2017-3-22 :: 健康情報通信 ::

日ごとに陽射しが強くなり、大地が本格的に活動し始める季節がやってきました。そこで、今月は春植えにおすすめのハーブをご紹介します。


2017年03月の健康情報     ガーデニングの季節です

ハーブとは?


料理やお茶、アロマオイルなどに利用される有用な植物(樹木・草)のことを指します。外国産の草花というイメージがありますが、日本の伝統食文化に使用されてきた、しそ・よもぎ・菊・山椒など「和のハーブ」もたくさんあります。タンポポも立派なハーブですね!
病気に対して強い効能のあるものは、特にメディカルハーブと呼ばれることもあります。

ハーブを育ててみませんか?


ハーブは、植物の中では比較的育て易く、手入れが簡単なものが多いですが、ガーデニング初心者は種からよりも苗から育てるとより簡単です。花や香りの好み、効能や用途に応じて、園芸店やホームセンターであなたのお気に入りを見つけてみてください。
ハーブのある暮らし - 草花を愛で、生活の色々なシーンで活用する ― は、生活をより豊かにしてくれそうですね。

スイートバジル シソ科一年草


イタリア料理に欠かせない豊かな香りのハーブです。トマトの側にバジルを植えるとトマトの生育を助け、味を良くします。GWにトマトの苗と一緒に植えるのがベストです。葉っぱをどんどん収穫して、サラダやパスタ・ピザにトッピングしてお召し上がりください。胃腸の働きを活発にしてくれるので、消化不良、食欲不振、膨満感などに効果的です。

ローズマリー シソ科常緑低木


丈夫で、病虫害の心配もほとんどありません。乾燥と日当たりを好みます。香りはキリリと清清しく、部屋の中の消臭や空気清浄をしてくれます。お風呂に浮かべれば、血行不良を改善し、新陳代謝を高めます。お料理では、鶏肉との相性がばっちりです。刻んだローズマリーをまぶして焼いたり、煮込み料理に加えれば、いつもの料理が一味も二味も違ってきます。


タイム シソ科常緑低木


どんな場所でも育つ丈夫なハーブで路地でも越冬します。可憐な花と強い香りが特徴です。防腐・殺菌作用があり、乾燥させてスパイスにすれば、肉・魚の臭み消しと食中毒予防の効果があります。呼吸器系に効果を発揮するので、ハーブティーにすれば、咳を鎮め、喉の痛みを和らげてくれます。



春です! 花粉症の季節でもあります。。。


春は、草花が芽吹くステキな季節ですが、花粉症の人にとっては憂鬱な季節ですね。残念ながら、今年は例年よりスギ花粉の飛散量が多いそうです。
花粉が飛び易いのは、洗濯物が乾き易い気候=「気温が高い+風がある+湿度が低い」です。この気候条件の時は、外出を控えるか、マスクの着用、花粉が付きにくい化繊の服装で出かけ、花粉症対策の基本「浴びない・吸い込まない」を心がけましょう。
ヨーグルト・甜茶・タンポポ茶など自分にあった花粉症に良いとされる食材を摂取し、お肉は控えめに。
花粉症と新型インフルエンザ、どちらも早く特効薬が開発されるといいですね。





健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/