2017年02月の健康情報     低温やけど 2017-2-8 :: 健康情報通信 ::

立春を過ぎれば、暦の上では春ですが、2月は1年の中でも最も寒さが厳しい時期です。使い捨てカイロやあんか、そして今はやりの湯たんぽを愛用している方も多いと思われます。
 そこで今月のテーマは「低温やけど」です。心地よい温かさに浸っていたら、いつの間にかやけどをしていたということがないよう、注意が必要です。


2017年02月の健康情報     低温やけど

重症化しやすい

 低温やけどは、体温より少し高い熱に長時間接触して起こります。直接皮膚に接触した場合、44℃の熱では、6時間、46℃では、1時間半で低温やけどを起こす危険があります。低い温度でゆっくりやけどが進行する為、熱さや痛みを感じにくく、気づいたときには、皮膚の深部まで達する重症のやけどになっていることもあります。

発症部位のほとんどは脚 → その理由は?

  1. 血行が悪い → 冷えやすく、あんかや湯たんぽなどで暖められる機会が多い。暖めると熱がこもりやすい。
  2. 知覚が鈍い為、熱さや痛みを感じにくい。

※特に皮膚のすぐ下に骨があるかかと・くるぶし・すねに、熱源をおしつけた状態だと、圧迫により血流がますます滞って熱がこもり、短時間で低温やけどを発症してしまうので、要注意です。

注意が必要な人

体の不自由な人、乳幼児、高齢者
熱いと感じても対処できないことがあります。
糖尿病や脳卒中を患っている人
皮膚感覚が鈍くなって熱さに気づきにくい場合があります。
睡眠薬服用時、疲労時、深酒した時
深い眠りで熱さに気づきにくくなっています。

予防方法

睡眠中は使用しない

  • こたつやホットカーペットで眠らない。使い捨てカイロを貼ったまま眠らない。
  • あんかや電気毛布は、布団暖め用として早めにセットし、就寝時には電源を切る。または、タイマー設定で、1~2時間の使用にとどめる。

熱源に直接触れない・熱源を押し付けない

  • 貼るカイロは必ず衣類の上に貼り、貼った部分をサポーターやガードルで押さえない。
  • 湯たんぽはタオルで包むか、厚手の布製の袋に入れる。
  • 湯たんぽや電気あんかに足を押し付けるように載せない。

長時間使用しない

  • カイロは1カ所に長時間あてないで位置をずらす。使用時間を守る。





健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/