2017年02月の薬膳健康法    カ ニ 2017-2-1 :: 薬膳料理レシピ集 ::

 冬はカニのおいしい季節です。カニは、五味では鹹(しおからい)に分類され、寒性で腎陰を補います。 年を取ると、体を落ち着かせる要素である陰が少なくなります。腎陰虚(腎陰が少なくなる)になると、眼が乾いたり、コラーゲンが少なくなるので腰や膝のクッションがなくなり、痛みが出やすくなります。 また、体を落ち着かせることができなくなるので、不眠やのぼせ、手足のほてりが出てきます。
 腎陰を増やすには、カニ以外にもスッポンやワカメなどの海藻類がおすすめです。
 (参考文献:『よく効く民間薬100』村上光太郎、マキノ出版)


2017年02月の薬膳健康法    カ ニ

■ その他、カニの効用
カニは解熱に有効です。体を冷やすので妊婦の方はあまり食べない方がよいでしょう。その他、カニは血中コレステロール値を下げるので、動脈硬化症の人にも良い食品です。

■ 食中毒に注意
カニは出来るだけ新鮮なものを選びます。古くなると味が落ちるだけでなく、食中毒の恐れがあります。 カニはゆでて食べた方が安全です。食べ過ぎると体を冷やし、下痢や腹痛を起こしやすいので、要注意です。
日本ではゆでガニが一般的ですが、味と栄養面を考えると、ゆでるよりも中国式に蒸すことをおすすめします。カニは二杯酢で食べるのがポピュラーですが、このときしょうが汁をかけると食中毒の予防にもなります。

◆芙蓉蟹(かに玉)4人前

材料
(A)ズワイガニ(缶詰でも可)100~300g、タケノコ 60g、椎茸 中3枚、長ネギ 2本、卵 8個、グリーンピース 大さじ1、
(B)甘酢あん 中華スープ1カップ、塩 小1/3、醤油 小さじ1/2    砂糖 小さじ1/2、酢 小さじ1/2、(片栗粉小さじ1・水 少々)
(C)酒 小さじ2、こしょう少々

作り方
① カニは10分くらい蒸してほぐし、タケノコ、椎茸は千切り、長ネギは斜め薄切りにする。
② Bの材料を別の鍋に入れておく、片栗粉も水どきしておく
③ 中華鍋に油を強火で熱し、Aの材料をさっと炒め、Cで下味を付け、皿に広げてさましておく。
④ ボールに卵を割り③で炒めたものを加えて、塩小さじ1/3で下味を付け軽く混ぜる。
⑤ 熱した鍋に、ゴマ油大2を入れ④の卵を1人分流し込んで、半熟程度になるまでかき混ぜて、形に作り両面をよく焼く。
⑥ ②の材料をを一煮立ちさせ水とき片栗粉とでとろみを付け、⑤にかけて盛りつける。

※手早さが命です。ご飯に乗せれば天津飯です。甘酢あんは好みの分量で。中華スープは、スープの素を使ってもよい。





健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/