2012年04月の健康情報     地震に備える 2012-3-30 :: 健康情報通信 ::


ようやく春らしい日が増えてまいりました。
桜の便りが各地から聞こえておりますが、まだまだ花冷えする日もありますので、どうかお体には気をつけてお過ごしください。


2012年04月の健康情報     地震に備える

地震に備える

あの東日本大震災から早くも1年がすぎ、復興もなかなか進まない中、先月も東北・関東方面で、震度5を記録する強い揺れが頻繁に起きています。
いつ起きるか分からない地震から、自分や家族の安全を守るためには、日頃から備えを怠らないことが大切です。

地震が起こったら
屋内にいるときに地震が起きたら、急いで机の下などに身を隠します。 机やテーブルなどの隠れる場所がない場合、棚の近くや照明の真下から離れるようにしてください。地震の際に火を使用していた場合、すぐに消しガスの元栓をしめます。すぐに消すのが無理な場合は揺れが収まるのを待って消してください。

地震がおさまったら
揺れが収まれば速やかに、自治体の指定する避難場所か、近くの 公園や学校の運動場など広い場所に避難してください。

津波に注意
津波が予想される地域の方は速やかに高台に避難してください。全国各地の沿岸部では、津波を想定して住民が緊急に逃げ込むための「津波避難ビル」が指定されている地域がありますので、自治体のホームページなどで確認してください。

地震が起きる前に準備できること 正しい家具の配置

  • 寝室、幼児・高齢者のいる部屋に背の高い家具を置かない。
  • 部屋の出入口付近や、廊下、階段等に物を置かない。
  • 重いものを下の方に収納し、倒れにくくする。
  • 家具の上にガラス製品、陶器など壊れやすい物を置かない。
  • 転倒防止器具等で家具を固定する。

家具転倒防止器具 「ささえくん」 「ささえくん」は防振パッド付でタンスや食器棚など家具の転倒と滑りを同時に防ぎます。耐震検査をしていますので安心です。
http://www.kenko-joho.jp/kaigo/sasae-kun/