健康についてのアレコレと季節の薬膳料理の健康情報BLOGです!


2017-8-23 :: 健康情報通信 ::

2017年08月の健康情報     夏を乗り切る!

8月も後半となりました。毎日毎日、本当に暑い日が続きますね。
夜も蒸し暑く、眠りにくいことも多いのではないでしょうか。
暑さ対策、夏バテ対策、熱中対策を行い、がんばって残りの夏を乗り切りましょう!


2017-8-15 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2017年08月の薬膳健康法    スイカ

 夏の果物として真っ先に思い浮かぶのがスイカ。原産地は南アフリカで紀元前5000年頃には栽培が始まっていたようです。日本への到来も古く、平安時代には栽培がはじまっていました。
 昔のスイカは全身真っ黒で中が赤かったので、気持ち悪いと嫌われていたこともあるそうです。 明治時代に品種改良が進んで、現在の姿となりました。


2017-8-9 :: 健康情報通信 ::

2017年08月の健康情報     夏はドロドロ血液に注意

夏、真っ盛り。連日各地で猛暑日となっています。皆様は熱中症などの対策はされていますか?ご自身も、周りの方も健康でいられるように、日ごろから注意しましょう。


2017-8-2 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2017年08月の薬膳健康法   ズッキーニ

ズッキーニはカボチャの仲間で、フランス料理やイタリア料理で良く使われます。初夏から夏(6月~8月)ごろが旬となります。


2017-7-26 :: 健康情報通信 ::

2017年07月の健康情報     感染症・爪のチェック

梅雨が明けると暑い夏到来です。体調管理には充分に気をつけてくださいね。さて、今月号は「爪」を取り上げます。最近は身だしなみと男性でも爪に気を使う人が増えてきているようです。爪は、形や色から、その時の体の不調や爪自体の病気がわかることもあり、健康のバロメーターです。
夏の感染症の流行のピークを迎えます。予防は手洗いやうがいです。タオルの共有はしないことです。


2017-7-19 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2017年07月の薬膳健康法   鯖(さば)

さばは、背中の部分の模様が独特で「さば紋」と言い、腹の部分が銀白色なら真さばで、ゴマの様な斑点があればゴマさばです。さばという名称は、小歯(さば)に由来し、魚体の割りに小さい葉が並んでいる事から、さばと呼ばれるようになりました。そして、青い背を持つ魚ということで鯖という漢字が使われるようになりました。良質なたんぱく質が豊富で、体力のつく消化吸収のよい栄養魚。江戸時代には、大名が七夕の祝いに将軍家に献上したという高級魚でした。脂質のDHAやEPAの含有量は青魚の中でも群を抜いて多く、「青魚の王様」と呼ばれています。


2017-7-12 :: 健康情報通信 ::

2017年07月の健康情報     水分コントロール

梅雨も明けず、ジメジメとした蒸し暑い気候が続いています。
暑さで疲れやすくなり食欲も衰えてきます。十分な栄養も摂れてないので、疲労がなかなか回復せずに、ついに夏バテを起こします。
夏バテ防止にはいつも以上によりバランスの取れた食事を摂るようにし、水分補給にも工夫が必要となってきます。


2017-7-5 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2017年07月の薬膳健康法    レタス

レタスは平安時代に中国から伝わりました。日本名は「ちしゃ」(漢字では「乳草」)です。これは、レタスの茎を切ると牛乳のような白い液が出るところからきています。現代のような玉レタスは第二次世界大戦後にアメリカから導入され、食の欧米化にあわせて、サラダや肉料理のつけあわせに欠かせない野菜となりました。


2017-6-28 :: 健康情報通信 ::

2017年06月の健康情報     梅雨時は食中毒に用心

今年も梅雨の季節がやってきました。曇り空が続きすっきりしない日が続いています。
6月から9月の高温多湿の時期は、細菌が最も繁殖する季節です。ご家庭での食材の管理や調理器具の管理に十分にご注意ください。


2017-6-21 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2017年06月の薬膳健康法   梅

梅雨の語源には諸説がありますが、梅の実が熟す時期の雨という説があるように、梅の実は6月頃に収穫期を迎えます。年中行事として自家製の梅干や梅酒をつくるご家庭もあるでしょう。
なお、未成熟の青梅を生で食べると中毒を起こすことがあるので要注意です。